教育の3つの柱とは

城南学園小学校では、子どもたちを「実践力のある魅力ある人間」に育てるために、
本校独自に打ち立てた「教育システム3つの柱」の徹底を心がけています。

  • 人間としての基礎・基本の徹底
  • 学力の基礎・基本の徹底
  • 学ぶよろこび・活動するよろこびの徹底

3つの柱をさらに強化する
2つの取り組み

1.「子どもと教師の距離」を縮める

子どもたちと同じ目線を持ち、同じ歩調で歩き、諭すだけでなく、共感できるエピソードを交えてたくさん話し、教える側、教えられる側の垣根を越えてふれ合います。

2. 「体力づくり」にこだわる

身体と心の相関性を念頭におき、強い体力と精神力づくりで、忍耐力のある、大きな人間となれるよう導きます。

なわとび
(ギネスに挑戦)

教えるべきことはしっかりと教え、しつけるべきところは全員ができるまできちんと指導する。城南学園小学校の教育方針をご紹介します。

相撲・綱引き
(たてわり活動)

たてわり活動の1つとして、相撲マットでのケンケン相撲や押し相撲、また、班対抗綱引きなど、体力向上に役立てています。

中学受験に向けた取り組み

中学受験に向けた取り組みとして、1年生から始まる「学力の基礎・基本の徹底」の教育システムを土台に、進学に向けての様々な学習サポートを行います。

詳しくはこちら

Copyright © Gakko Hojin JONAN Gakuen. All Rights Reserved.