人間としての基礎・基本の徹底

実践力のある魅力ある子づくりをする

あいさつ・応答・立腰

あいさつを励行し、全員がしっかり応答できるよう指導。また、集中力ややる気を養う”立腰教育”を実施します。

人として基本姿勢と礼儀を身につける
「あいさつ・立腰教育」

あいさつと立腰を実践することで人としての基礎がしっかりと身につきます。来校者を始め、先生、友達へのあいさつをはっきりとした言葉や態度で行うよう指導しています。また、腰骨を立て姿勢を正す「立腰」を実践することで心も体も元気になり、集中力や持続力、我慢強さなどを鍛えます。

実践意欲の向上

学校と保護者が一体となり、口添えをすることで、より実践意欲を高めます。

実践度チェック

学校経営点検表で毎週の実践を教員が自己チェックし、児童の実践力の度合いを確認して進めています。

ノーチャイムデー

時計を見て、何をすべきかを考えて行動する日。達成の積み重ねで自信につなげます。

たてわり活動

全児童をたてわりで24班に分け、昼食後20分間の活動を行います。たてわり活動の目的は、高学年がリーダーシップを発揮し、計画を立て、低学年の指導を行うことにより、協力する心や思いやりの心を養い、人間関係をより深めることにあります。教師が児童の活動を助けるアドバイザーとなり、児童が自主的に学ぶ力を培います。

具体的な活動として清掃、屋内スポーツ(相撲・綱引き)、屋外スポーツを行っています。

将来に役立つ社会性を自然と育む
「たてわり活動」

6年生は全体をまとめる班長、3年生は低学年をまとめる小さい班長として活躍。5年生と2年生は副班長として班長を支え、4年生は1年生のお世話役をするなど、子どもたち一人一人が自分の役割を果たすことで責任感や自主性を伸ばし、異年齢の集団の中で協力し合う心を育みます。