学ぶよろこび・活動するよろこびの徹底

明るく、安全、自主性のある学校にする

一生懸命体験

絵画、工作、書き初めなどの「作品展」や「ギネスに挑戦」など、子どもたちの一生懸命さを引き出す工夫をしています。特に「ギネスに挑戦(なわ運動)」、長居公園での「マラソン大会」など、全学年が自己記録、校内記録の更新を目指して努力しています。

体験学習

実体験を通じた学習はよく理解でき、身につきやすいものです。稲刈り、いも掘り、餅つき、林間・湖畔宿泊訓練などを通じて、自然の観察や実地見学を行います。

例えば夏の宿泊訓練では、琵琶湖(低学年)、篠山・吉野(中学年)、鉢伏・琵琶湖(高学年)が行き先となりました

外国語活動

外国人教師による指導を通じて、国際的な視野を広げます。「聞ける・話せる」を目標に、1年生から英語の授業を実施。校外で外国の方々と話す機会を設けるために、英語体験学習も行っています。

情報教育

情報化が著しく進む時代、「情報」を道具として目的に応じて使いこなす力が大切になってきます。本校では、パソコン室に、多教室に持ち出せるタブレットパソコンがあり、1年生からコンピュータに慣れ親しむ授業を行っています。また、教室には電子黒板を導入するなど、デジタル機器を積極的に活用しています。

あわせて「安全対策」もご覧ください