3つの柱をさらに強化する取り組み

教育システム 3つの柱をさらに確かなものにするために、子どもの気持ちに寄り添ったふれ合いで信頼関係を築き、また健全な人間性とつながる体力づくりを積極的におこないます。

「子どもと教師の距離」を縮める

子どもたちと同じ目線を持ち、同じ歩調で歩き、諭すだけでなく、共感できるエピソードを交えてたくさん話し、教える側、教えられる側の垣根を越えてふれ合います。

「体力づくり」にこだわる

身体と心の相関性を念頭におき、強い体力と精神力づくりで、忍耐力のある、大きな人間となれるよう導きます。

なわとび(ギネスに挑戦)

なわ運動に年間を通じて取り組みます。なわ運動の強化週間では、ロング休憩に一生懸命練習する子どもたちの姿が見られます。

相撲・綱引き(たてわり活動)

たてわり活動の1つとして、相撲マットでのケンケン相撲や押し相撲、また、班対抗綱引きなど、体力向上に役立てています。