4年生による消防署見学

2017年9月29日

平成29年9月29日(金)実施

 社会科の学習で、東住吉消防署矢田出張所に、見学に行ってきました。

 消防署の前には、大きな消防車と小さな消防車が並んでいました。大きい方は、「はしご車」で、タイヤの大きさに子どもたちは驚いていたようです。小さい方は、丈夫なポンプがついた「水槽付きポンプ車」です。消防車には、消火に素早く対応するための仕組みや工夫がたくさんありました。

 建物の中には、事務仕事をする部屋、仮眠をとる部屋、食事をとる部屋、トレーニングルーム、シャワー室などがあるそうです。その後、消火の時に使う道具について説明をしてくださいました。道具一つ一つが初めて聞く名前ばかりでしたが、具体的な使い方を話していただいたので、子どもたちは熱心に聞いていました。代表の子どもが空気ボンベを背負わせていただいたのですが、思わず、「重い!」という声を出したり、よろけてしまったりしていました。帰る時の子どもたちのしおりは、メモでいっぱいになっていました。

  火事に素早く対応するための消防署の施設や設備の工夫、仕事内容や働いている様子について、たくさん学ぶことができました。お忙しい中、ご対応してくださった消防署の皆様、ありがとうございました。