避難訓練(不審者対策)実施

2017年12月5日

平成29年12月5日(火)実施

 本年度も、火事・地震発生時の対応についての避難訓練を数回実施してきましたが、今回は、不審者対策の避難訓練を行いました。
 まず最初に、1つのクラスに不審者が侵入したケースの訓練を行いました。不審者役の教職員が教室に侵入するとともに担任が非常ベルを押します。職員室のブザーが鳴ると、すぐさま緊急集合の放送を入れます。その後、該当教室に複数の担当教職員が集まり不審者に対応すると同時に、子どもたちを避難させるという手順で進められました。
続いて、各学年同時に、クラスごとでの訓練を行いました。廊下側からだけでなく、ベランダ側からの侵入に対しての訓練も実施しました。子どもによっては逃げるのに戸惑う様子も見られましたが、教職員の適切な指示で避難することができました。「静かに行動する」ことは、不審者を刺激しないだけでなく、自分たちがパニックになることも防ぐことができます。
 子どもたちだけでなく、教職員も大変勉強になった避難訓練となりました。これからも、子どもたちの安全に努めてまいります。