6年生が「こころの劇場」に参加

2017/11/2

平成29年11月2日(木)実施

 「こころの劇場」とは、「劇団四季」と「一般財団法人舞台芸術センター」が、日本全国の子どもたち(6年生)に演劇の感動を届けるプロジェクトです。今回は、『ガンバの大冒険』を鑑賞しました。原作は、斎藤惇夫さんの「冒険者たち(ガンバと15ひきの仲間)」で、アニメーションにもなっている物語です。チラシに、『踏み出そう、自分を信じて。立ち向かおう、仲間を信じて。』という言葉がありましたが、劇を通して、このメッセージが子どもたちの心に届いたことと思います。観劇態度もよく、有意義な1日となりました。