観劇会「花咲き山」から

2018/2/21

平成30年2月20日(火)実施

 「それでは、朗読劇の始まりです。」辺りが暗くなった後、順番に子どもたちが朗読していきました。今回は、劇の前に「演劇教室」を実施しました。前もって児童の中から希望者を募り、抽選で決まった6名がチャレンジしました。リラックスをするためのストレッチや、発声、発音、滑舌といった基礎訓練の後、朗読劇を行いました。皆、一生懸命に声を出すなど頑張っていました。

 演劇教室の後は、いよいよ、「花咲き山」の劇の始まりです。斎藤隆介さんの原作『花さき山』をベースに、「相手を思いやる心、本当の優しさ」をテーマに作られた劇です。舞台に上がった6名の内の1名が主人公の妹役で出演し、劇団員かと見間違うほど上手に演技をしていました。また、劇団員の方々の発声は素晴らしく、登場人物になりきって演技をされていましたので、子どもたちは、知らず知らずの内に話の中に引き込まれていました

 素敵な劇を提供してくださいました「民話芸術座」の皆様、ありがとうございました。感謝申し上げます。