ご挨拶

大阪総合保育大学大学院 児童保育研究科研究科長・同大学総合保育研究所所長 玉置 哲淳

新たな実践の地平を生み出す研究

認定子ども園の発足と展開などに見られるように保育は高度な専門性を必要とする時代に入ったといわれています。保育所・幼稚園・子ども園などにおいては、子どもと対面しながら幾多の課題が生起しています。
本研究所は、こうした課題を担った大阪総合保育大学大学院児童保育研究科などと連携して設立された保育研究機関です。研究所では、子育て支援・指導案作成・幼保一体化・乳児保育・科学絵本などの研究プロジェクトが組まれ、その研究成果も公表しています。研究所は総合保育大学教員・院生を軸にプロジェクトが組まれていますが、保育現場からの参加も多いです。現場の知恵と研究の知恵とを融合して新たな実践の方向を見出そうとしていますし、研究所は、理論上・実践上の課題を持った実践者・研究者の交流の場となっています。保育現場にいる先生方・研究者の研究所への研究にご参加をいただければ私たちは、大歓迎ですので振るってご参加ください。