城南グループ紹介

城南学園キャンパス

学校法人 城南学園

高等教育機関

教育・保育のスペシャリスト育成に向けては、古くは昭和43年の大阪城南女子短期大学の幼児教育科(現:総合保育学科)の開校から始まります。平成18年度には保・幼・小連携に対応すべく幅広い知識と高い専門性を養うための4年制の単科大学として大阪総合保育大学を新設。平成22年度には、より高度な児童保育の実践的リーダーを育成する大阪総合保育大学 大学院、さらに翌年に開設された総合保育研究所は、地域の保育所・幼稚園・小学校の教職員や他の大学院生にも広く門戸を開放し、共同研究・研修の場とすることを目的としています。

中等・初等教育機関

城南学園高等学校では、国公立、難問私学大学合格を目指す特進系コースとともに、教育者としての進学を目指す教育系コースがあります。教育特進コースでは系列校である大阪総合保育大学の教員による授業など、城南学園にしかできない教員志望者のための教育を行っています。
城南学園中学校では10項目の学力養成・人間力養成プログラム『10×10(テンバイテン)プラン』を実践し、進路実現100%に必要な学力・技能・態度を養っています。
人間の社会生活能力の基礎育成となる初等教育に向けては、城南学園小学校では実践力のある魅力ある人間に育てる『3つの徹底』を教育の柱としてうち立て、『自ら学ぶ態度』と『思いやりの心』の育成と、進路指導に努めています。

幼児教育機関

城南学園幼稚園は『小学校につながる確かな学びの基礎を培う』ことを保育理念に、総合学園ならではの整備された豊かな環境の中で、保育・教育内容の向上と実践に全職員で取り組んでいます。
2015年4月開園予定の城南学園保育園は、乳児期からの人との関係性の育ちを基本とし『身体性の育ち』『精神性の育ち』『ことばの育ち』を大切にしたぬくもりのある保育を目指します。
また地域の開かれた大学・短期大学の教育部門として、子ども総合保育センターは社会が求める未就園親子のための子育て支援拠点として活動するなど、城南学園グループでは、家庭や地域との連携を慮る教育機関として社会貢献に努めています。

社会福祉法人 城南福祉会

城南学園を母体とする社会福祉法人城南福祉会では、デイサービスセンター『博寿荘』と、特別養護老人ホーム『城南ホーム』を運営しています。学生の実習・研究の場ならびに地域福祉の実践の場として、また城南学園の全面的な支援により、充実した介護サービスを提供し、社会福祉に貢献しています。

Copyright © Gakko Hojin JONAN Gakuen.
All Rights Reserved.