子どもと1,700時間プログラム

子どもとの時間が1,700時間!
子どもだけが教えてくれる“先生への道”

子どもと触れあわないととわからない・学べないことが数多くあります。だからこそ総保大では、「子どもと1,700時間プログラム」で子どもと直接触れあいながら学んでいきます。

本学新入生88.4%がほれた、他大学とは違うインターンシップ。

大阪総合保育大学が最も力を入れることは、インターンシップを通じて学生が子どもと触れあい、学ぶ時間をより多く設け、その成果を授業で検証・改善することです。本学では、資格取得のための実習時間に加え、1回生から毎週1日を必ず保育・教育現場で学ぶインターンシップを積むことで、在学4年間で約1,700時間もの圧倒的時間を積むことが、他大学のインターンシップとの大きな違いです。総保大に入学した1年生へのアンケートでは”88.4%”の人が、子どもと総保大独自のインターンシップが魅力で受験を決めたと回答しています。

おどろきの「先生」時間! 子どもと1,700時間プログラム。

1回生から毎週同じ現場に通えるインターンシップ(上図上段)と、資格取得の実習(上図下段)を合わせると合計1,700時間子どもと接しながら成長していくことができます。またインターンシップは1年間同じ現場へ行きます。4年間同じ現場へ行くのはもちろん、1年ごとに異なる現場にも行けるため、保育所・幼稚園・小学校全ての現場に行くこともできます。この経験によって自分の適性がわかり高い就職実績に結びついています。

総保大ならではのインターンシップは、「子どもから学ぶ」大切さを実感できます。

1回生から4年間行けるのが魅力のインターンシップ。毎週子どもと接することで、実践力だけでなく大学内における授業へのモチベーションもUPします。

1年間同じ現場へインターンシップに行くことで、1年間の子どもたちの成長や現場の年間の流れなどを理解でき、就職後に必要とされる実践力が養われます。

めざす職業に限らず、1年ごとに異なる現場に通えます。実習だけでは知ることのできない各現場の実情や特徴がわかり自身の適性を考える機会となり、就職につながっていきます。

支援を必要とする子どもについて専門的に学ぶことで、さらに幅広い現場での対応力を身につけます。

くわしくはオープンキャンパスで!ぜひご参加ください。

オープンキャンパスでは、プログラム、個別相談でさらに詳しくご紹介しています。

OPEN CAMPUS 大阪総合保育大学の素顔を見にきてください。

Copyright © Gakko Hojin JONAN Gakuen.
All Rights Reserved.