3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学受け入れの方針)

本学は、ディプロマ・ポリシーの人材養成の目的に即した資質・能力や意欲、適性を重視し、多様な入学選抜方式を通じて、以下のような学生を受け入れます。

  1. 「清和気品」「自主自律」という本学の建学の精神に共感し、本学で学ぶことで人間的にも成長したいという強い目的意識と意欲をもつ学生。
  2. 好奇心旺盛で、積極的に活動したい学生。
  3. 各学科では、1・2にあわせて以下のような学生を受け入れます。
  • ①現代生活学科では、食に関する知識・技能や安全について学んだり、司書やビジネスに関する知識・技能を学び、社会人として活躍するための基本的能力とキャリアを身につけたい学生。
  • ②総合保育学科では、子どもが好きで子どもに関わる仕事をめざし、子どもについて学び、自らも成長したいという学生。また、多くの表現活動の場に積極的に参加し、自己実現をしたい学生。
  • ③人間福祉学科では、人と接することが好きで介護に関わる仕事をしたいという学生。人との出会いや関わりを大切にできる学生。介護に関する知識を深め、国際的にも社会的にも貢献しようという意欲のある学生。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学は、養成すべき人材像と学位授与の方針に基づき、以下のような特色のある教育課程を編成します。それは、複雑な現代社会をしなやかに生きる女性の素養を育む共通基礎科目と、対人援助職の専門的な知識・技能を身につける学科科目で構成されます。

  1. 共通基礎科目は、本学の建学の精神である「自主・自律」「清和・気品」を具現化するために、マナーや日本語の基礎力、社会生活に必要な知識や教養を身につけます。また、全学生が一堂に会する「城南のこころ」では、本学の学生が目指すべき人間の品格や尊重すべき尊厳について学びます。
    (現代生活学科)現代生活学科では、学科基礎科目を通じて大学における学びの基本的な知識と方法および社会人へのステップアップ方法を修得させ、同時に専門領域における知識・技能の修得を図るとともに、知識を活用する力を育成するカリキュラムを編成します。また、各コースの専門科目においては、より高度な専門技能の修得を行い国
    家資格の取得に備えるほか、対人関係能力を育成する演習ならびに少人数制ゼミ教育などを通じて、社会に通用する基礎能力をもつ人材を養成します。現在生活学科では、上記の講義、演習、実習に加え、公的機関・企業等との連携の場を通じて、卒業後も持続して学ぶ力を養成することを目標とします。
    (総合保育学科)総合保育学科では、実践力のある人材養成のために、学んだ知識や技術を活用できる確かな実践力、自己表現力、自己解決力を養成します。そのために、専門的知識や実践的な保育技術に関する科目を盛り込んだカリキュラムを編成します。また習得した知識と技術の応用力を高めるためにインターンシップやボランティア、学外実習などの実践の場を多く設け、複雑な現代社会の保育問題に対応できる保育士を養成することを目標とします。
    (人間福祉学科)人間福祉学科では、人間の健康や暮らしを支える知識や技術を学び、介護女子としての品格や対人援助技術、行動実践力を修得する為のカリキュラムを編成します。卒業後も様々な領域で活躍できるキャリア・アップもプランニングします。直接指導、双方向コミュニケーションを重視したアクティブ・ラーニングを授業の柱とします。介護実習やインターンシップという体験型演習科目を配置し、専門性・人間性の高い介護福祉士のリーダーやケアマネジャーを目指すことを目標とします。
    なお、科目修得については、きめ細かな事前指導を通じて履修漏れの無いよう徹底を図ります。
  2. 学科科目では、各学科の目指す国家資格や免許取得に必要な科目を適切に開設します。また、インターンシップや本学が位置する地域との連動の中で、学生が暮らす社会と密接につながった、学生主体のアクティブ・ラーニングを実現し、学生が自ら主体的に考え、問題を解決する能力を養います。
  3. 学習成果の評価は学則に則り、厳正に評価します。また、双方向性に基づいた評価の取り組みや、学生自身が自分の学びに主体的に評価のできる工夫をします。
  4. 本学のカリキュラムは、常にその学習成果とともに、自己点検活動やFD・SD 活動を通じて、不断に改善・工夫に努めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学は、建学の精神「自主自律」「清和気品」の二訓のもとに、豊かな人間性と専門性を兼ね備えた社会の第一線で活躍できる女性を育てることを使命として、以下の基本方針に基づき人材の養成・育成を行います。そして、これらの方針に基づいて設定された教育課程を修め、基準となる科目・単位数を修得した学生に学位(短期大学士)を授与します。

  1. 自律した個人として主体的に行動するために必要な総合的な教養・常識、社会性、対人関係構築力を備えるとともに、多様な資格取得等による専門的知識・技能を身につけている。
  2. 身につけた知識・技能を活用して、自ら課題を発見しその解決に向けて探求し、その成果を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等、確かな実践力を養っている。
  3. 学習した成果を自ら点検・評価できる自修力と自立した芯の強さと穏やかさ、多様な人々と協働して学ぶ態度や人のことを思いやる優しさを備えている。
  4. 各学科では、上記1・2・3にあわせて次のような人材養成・育成をめざします。
  • ①現代生活学科では、豊かな教養と生涯にわたって学び続ける力をもち、さまざまな課題に自ら対処できる力を備えた人材を育成します。そのうえで、調理・製菓の現場が期待する専門的知識・技能を有する人材、およびビジネス現場における情報活用力と実践的な表現力・対応力を身につけた人材を育成します。
  • ②総合保育学科では、教育・保育・福祉の現場に通用する実践力のある人材養成を目指します。具体的には以下の力を身につけることを求めています。「現場に即した専門知識・技能」「自分の持ち味を十分に発揮できる自己表現力」「他者との協働・連携が取れるようなチームワーク力」「課題解決へ向けて自ら働きかける実行力と判断力」。
  • ③人間福祉学科では、ホスピタリティ精神を醸成し、様々な科学に依拠した介護の知識や技術力を修得する。そして、尊厳を守るための『人間力』、人や暮らしを支える『福祉力』を兼ね備えた介護福祉士に育成していく。とりわけ、対人援助、行動実践、自己表現・自己管理に関して応用的な能力があり、且つリーダーを目指せる資質のある『介護女子』を育てていく。

Copyright © Gakko Hojin JONAN Gakuen.
All Rights Reserved.