HOME>大学紹介>3つのポリシー

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学受け入れの方針)

本学は、ディプロマ・ポリシーの人材養成の目的に即した資質・能力や意欲、適性を重視し、多様な入学者選抜方式を通じて、以下のような学生を受け入れます。

  1. 「清和気品」「自主自律」という本学の建学の精神に共感し、本学で学ぶことで人間的にも成長したいという強い目的意識をもつ学生。
  2. 自ら課題を発見してその解決に向けて積極的に活動したいという意欲を持つ学生。
  3. 各学科では、1・2にあわせて以下のような学生を受け入れます。
  • (現代生活学科)
    高度で専門知識や技能、様々な課題を解決する力を身に付けたい学生。広範な社会で活躍するための基本的能力とキャリアを自らも成長することで積極的に身に付けたい学生。
  • (総合保育学科)
    子どもが好きで子どもに関わる仕事をめざし、子どもについて学び、自らも成長したいという学生。学んだ知識や技能を活用できる力を積極的活動により身に付け、保育者として多くの問題に対応できる人材になりたい学生。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学はディプロマ・ポリシーに基づき、以下のような教育課程を編成します。この教育課程は、複雑化した現代社会を生きる女性にとって必要となる共通基礎科目と専門的知識・技能を身につける学科科目で構成されます。

  1. 共通基礎科目では、本学の建学の精神である「自主自律」「清和気品」の確立と醸成を目標とし、社会人としてのマナーや日本語の基礎力、社会生活に必要な知識を身につけます。
  2. 学科科目では、国家資格・免許取得に必要な科目を適切に設けるとともに、各学科の特色に応じた科目を配置し、修学を促します。また、地域社会や企業施設等と密接につながった、アクティブ・ラーニングを実現し、学生が主体的に考え、問題を解決する能力を養います。
    (現代生活学科)
    現代社会に対応し、地域社会に貢献できる人材を育成するため、学科基礎科目を通じて、必要な知識と修学方法を習得し、知識を活用するカリキュラムを編成します。また、インターンシップや学外実習、公的機関・企業との連携の場を通じて、コミュニケーション力(対人関係構築力)を養い、自ら課題を発見し、解決する思考力・判断力・表現力を習得します。各エリアにおいては高度な専門知識や技能を習得し、資格取得に備えるほか、少人数制ゼミ教育などを通じて、卒業後も継続して学ぶ力を養成します。
    (総合保育学科)
    実践力のある人材養成のために、学んだ知識や技術を活用できる確かな判断力、自己表現力、自己判断力を養成します。そのために、専門的知識や実践的な保育技術に加えて豊かな教養・社会的常識を盛り込んだカリキュラムを編成します。また修得した知識と技術の応用力を高めるためにインターンシップやボランティア、学外実習などの実践の場を多く設け、その場を通して対人関係構築力(コミュニケーション力)を身につけ、複雑な現代社会の保育問題に対応できる保育者を養成することを目標とします。
  3. 学習成果の評価は学生の学習到達度に応じて、厳正に評価を行います。学生自身が自分の学びを主体的に評価できる工夫をします。
  4. 本学のカリキュラムは、常にその学習成果とともに、自己点検活動やFD・SD活動を通じて、不断に改善・工夫に努めます。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学は、建学の精神「自主自律」「清和気品」の二訓のもとに、豊かな人間性と専門性を兼ね備えた社会の第一線で活躍できる女子力を養うことを使命として、以下の基本方針に基づき人材の養成・育成を行います。そして、これらの方針に基づいて設定された教育課程を修め、基準となる科目・単位数を修得した学生に学位(短期大学士)を授与します。

  1. 自律した個人として主体的に行動するために必要な総合的な教養・常識、 社会性、対人関係構築力(コミュニケーション力)を備えるとともに、多様な資格取得等による専門的知識・技能を身につけている。
  2. 自ら課題を発見してその解決に向け探求し、その成果を表現するために必要な思考力・判断力・表現力等、確かな実践力を身につけている。
  3. 学習した成果を自ら点検・評価できる自修力、女性として自立した芯の強さ、穏やかさ、優しさとともに、多様な人々と協働して学ぶ態度を兼ね備えている。
  4. 各学科では、上記1・2・3にあわせて次のような人材養成・育成をめざします。
  • ①現代生活学科では、生涯にわたって学び続ける力をもち、さまざまな立場の人を思いやり、ともに成長することに心がけられる人材を育成します。また広範な現場・場面で期待される知識・技能・判断力・対応力を有する人材を育成します。
  • ②総合保育学科では、子どもが好きで子どもに関わる仕事をめざし、子どもについて学び、子どもに真摯に向き合える人材を育成します。また、多くの実践現場、表現活動の場に積極的に参加し、自己表現力および実践力を身につけた人材を育成します。

Copyright © Gakko Hojin JONAN Gakuen.
All Rights Reserved.