学科の特色

【学びの特色1】デュアルシステムで将来のビジョンを学ぶ

デュアルシステムとは、学校が推薦する福祉施設で働き、介護の経験を積みながら介護福祉士をめざすプログラムです。そこで得た収入は、学費等にあてることもできます。

月曜日から木曜日の間で資格取得のための知識を養い、金曜日は「福祉現場で働く」ことができる城南短大。土曜日や日曜日も同じ施設で働くことが可能です。卒業後はそのまま同じ施設で就職する道もあります。

介護福祉士修学資金等貸付制度との併用も!

いち早く現場経験を積めるだけでなく、学費や生活費を自分で稼ぎたい場合にもオススメです。

スケジュール

デュアルシステムの一例

提携先インタビュー

施設に学生が来てくださるデュアルシステムは画期的だと思います。介護現場はネガティブなイメージがありますが、現場にはキラキラと働いている方がたくさんいます。デュアルシステムで戦力や労働力を求めているというのではありません。介護業界全体を見据えて、これからの未来・これからの人材を丁寧に育むための取り組みとして貢献できればと考えています。

社会福祉法人 嘉誠会
特別養護老人ホーム ヴァンサンクボヌール
山片 秀麿 施設長

デュアルシステム提携施設一覧(2019年3月現在)

  • 医療法人 隆星会
  • 社会福祉法人 川福会
  • 特定非営利法人 だんでらいおん
  • 社会福祉法人 永寿福祉会
  • 社会福祉法人 博愛会
  • 社会福祉法人 八尾隣保館
  • 社会福祉法人 若草会
  • 社会福祉法人 四天王寺福祉事業団
  • 社会福祉法人 慶生会
  • 医療法人 西中医学会
  • 社会福祉法人 加島友愛会
  • 社会福祉法人 庄清会
  • 社会福祉法人 城南福祉会
  • 社会福祉法人 弘仁会
  • 社会福祉法人 嘉誠会

【学びの特色2】北欧研修で学びの視野を広げる

北欧での福祉研修では、海外の福祉を知ることにより、より広い視野を身につけます。自己選択により、自立した幸せを確立している福祉文化について学びます。旅費の一部を「人間福祉学科海外奨学金」として学校が補助します。

研修後はSQCの「修了証」を授与します。

スウェーデン政府の支援により設立された、介護・福祉のノウハウやシステムを提供する団体「スウェーデン・クオリティケア(SQC)社」の修了証が授与されます。

福祉先進国とは…

スウェーデンなど、福祉の先進的な取り組みを行っている北欧諸国のことです。最先端の介護が取り入れられ、日本にはない独自の考え方やケアプランが実施されています。城南の海外研修では、高齢者施設と障がい者施設、両方の施設で学ぶことができます。

体験したセンパイの声

北欧の高齢者住居には、ミニキッチンやシャワー、トイレがあり、家具類は、自宅で以前から使っていたものをそのまま使用しています。自立する生活を尊重し、支援する考え方です。自分の視野を広げるきっかけにもなった短大生活の一番の思い出です。

【学びの特色3】学びの楽しみを実感する

「美」「食」「動」3領域の介護関連資格が全て取得できる、日本で唯一の短期大学です。
「美」「食」「動」の3領域の介護関連資格を同時に取得できる、日本で唯一の短期大学です。その他にも、ボランティア等の地域活動から福祉の現状や課題を学ぶ授業が選択できます。介護福祉士+αの学びで興味や関心を発見!専門分野に深みと人間味を加えます。

美領域

ミス・パリエステティック専門学校との連携!エステ(美)の専門資格を取得

介護エステは高齢者をただ美しくするのではなく、心まで瑞々しく健康にする効果が期待できます。自分も周りのひとも笑顔で彩る、エステの資格と知識を身につけます。

取得可能な資格
認定エステティシャン

“自信と笑顔を育む”キレイを介護現場で!
美容分野での就職もサポートします。

年齢を重ねてもキレイでいられることは、自信と笑顔に繋がります。介護エステという新しい分野は、これからもっと必要とされるでしょう。また、健康な美しさのための知識は、自分自身にとっても一生の宝物になるはずです。

ミス・パリエステティック専門学校

旭泉 かんな 先生

食領域

見た目も美味しく!食の専門資格「介護食士」

介護が必要な方にとって大切な介護食。流動食であっても見た目に美味しい食事をつくることで、「食」の本当の楽しさを届けるスキルと発想力を磨きます。

取得可能な資格
介護食士

動領域

“自分でできる”を増やす!動の専門資格「介護予防運動指導員」

高齢者が健康で活動的な毎日を過ごすための筋力向上方法やトレーニング方法を学びます。自分でできることを少しでも多く、長く行えるようにサポートする専門資格です。

取得可能な資格
介護予防運動指導員

時間割りとカリキュラム

共通基礎科目

学科基礎科目
城南のこころ(女性と人権)/社会人のふるまい/清和気品の文化(華道・茶道)/キャリアデザイン演習/日本語表現A・B/英語コミュニケーションA・B/情報処理演習A/自主選択科目(総合保育学科・現代生活学科の科目)

学科科目

指定専門科目

人間と社会の理解
人間の尊厳と自立/人間関係とコミュニケーション/社会福祉概論(社会の理解)/社会保障論(社会の理解)/社会学
介護
介護の基本1~6(概論・役割、尊厳・倫理、生活歴、リハビリテーション、多職種連携、リスクマネジメント)/コミュニケーション技術1・2/生活支援技術1~10(概論・住居、安楽・睡眠、移動・移乗、食事・口腔ケア、排泄、着脱・清潔・入浴、家事支援、事例検討、身じたく・アクティビティ、終末期・薬の知識)/介護過程1~5/介護総合演習(ⅠA・ⅠB・ⅠC・Ⅱ)/介護実習(ⅠA・ⅠB・ⅠC・Ⅱ)
こころとからだのしくみ
発達と老化の理解1・2/認知症の理解1・2/障害の理解1・2/こころとからだのしくみ1~4(概論・移乗・移動、医学知識、身じたく・食事・入浴、排泄・睡眠・終末期)
医療的ケア
医療的ケア1・2(吸引、経管栄養)/医療的ケア演習

学科指定科目

地域エリア
人間福祉基礎Ⅰ・Ⅱ/大阪の人と文化/社会のしくみと実践(デュアルA)/ボランティア演習
健康エリア
介護食実習/介護食論/介護予防運動指導/リラクセーションと介護(アロマテラピー)/医療管理学/医療秘書実務/医療事務総論及び演習レセプトコンピュータ
研究エリア
ゼミナール1・2/社会のしくみと実践(デュアルB・C)/インターンシップ1・2(入門、キャリアアップ)/海外研究/介護福祉特論1・2

関連ページリンク

人間福祉学科 就職・資格
人間福祉学科 先輩インタビュー
人間福祉学科TOPページへ戻る
学科情報ページへ戻る

人間福祉学科facebook

Copyright © Gakko Hojin JONAN Gakuen.
All Rights Reserved.