憧れの先輩にインタビュー!

在学生の“今”と“これから”!

調理師資格にあわせて、いろんな人気資格も取得予定!
「食」も「将来」も、自分の興味を追求できる環境です。

1年生(取材時)
岡㟢 泉輝さん

Q. 1年で成長したなぁと思うところはどこですか?
A. 料理もお菓子も、いろんな素材を使ってつくれるようになったこと。
「つくる」ことが好きだったので、調理とスイーツの両方が学べる城南短大に入学を決めました。少人数制で実習が多く、先生は一人ひとり丁寧に教えてくれるので、日々の成長が実感できます。設備や素材の関係で家ではなかなかつくれないレシピも、実習ではいろいろと挑戦できるのでとっても楽しいです。

Q. 城南短大ならではの魅力を教えてください。
A. 人気資格が取得できるので、調理師以外の選択肢も広がります!
調理師資格だけでなく、医療事務やパソコン関連資格も取得できるのは城南短大ならではの魅力です。調理師としての就職と、一般企業への就職。どちらもめざせるので、進路を悩んでいる方には特におすすめです。短大ですがインターンシップがあり、興味のある業界を学生の間に経験することもできます。

卒業生インタビュー

接客スキルと調理技術の両方を磨いて大きく成長していきたい。

佐々木 理香さん
株式会社ビロー 勤務

Q. 仕事の内容と、やりがいについて教えてください。
A. お客さまの反応を直に感じられるのがおもしろいです。
主に、ホールでの接客や食材・消耗品の発注などを行っています。接客の仕事は、お客さまの反応を直接感じられるのが魅力です。家族連れのお客さまも多く、小さなお子さまが料理を見て笑顔になったり、わざわざ「ごちそうさまでした。」と言いに来てくれたりすると本当にうれしくなります。

Q. 将来の夢や目標は何ですか?
A. 接客と調理、両方を知り尽くした店長をめざします。
今は接客担当ですが、ゆくゆくは調理部門に進む可能性もあります。なので、まずは接客スキルや言葉使いなど、ホールでの仕事を完璧にできるようになってから、調理部門を担当したいと思っています。接客と調理の両方をしっかりと経験して、どちらの仕事も理解できる店長になるのが目標です。

Q. 城南短大で学んでよかったと思うことは?
A. インターンシップでの現場経験はとっても貴重!
短大では珍しく、インターンシップに参加できることです。私はホテルの調理部門で“仕事”現場の空気に触れ、授業では得られない実践的な経験ができました。学生のうちに実社会を知ることは、就職後に大きなチカラになると思います。また、就職活動では、先生方が細やかにサポートしてくださって助かりました。

関連ページリンク

調理スペシャリストコース コースの特色
調理スペシャリストコース 就職・資格
調理スペシャリストコースTOPページへ戻る
現代生活学科TOPページへ戻る

Copyright © Gakko Hojin JONAN Gakuen.
All Rights Reserved.