憧れの先輩にインタビュー!

在学生の“今”と“これから”!

ビジネス実践エリア
1年生(取材時)
辻野 有咲さん

Q. ビジネス実践エリアの魅力について教えてください。
A. 社会に出たときに必要な「伝えるチカラ」が身につきます。
ビジネス実践エリアには、プレゼンテーション論など「伝えるチカラ」を養う授業がたくさんあります。人前で発表したり、自分の考えを伝えるスキルは、将来必ず役に立つはず。人を笑顔にできる営業や販売の仕事をしたいと思っているので、聞く人の立場に立ってきちんと伝えられるようにチカラを磨いています。

図書館司書エリア
1年生(取材時)
三木 麻帆さん

Q. 図書館司書エリアの魅力について教えてください。
A. 本についてとことん学べて、資格もたくさん取れるところ。
本が好きで、出版や子ども向け教材など、本に関係する一般企業への就職が今の目標です。関西の短大で司書資格が取得できるのは珍しく、パソコン資格やプレゼン技術など、就職後に役立つ知識が幅広く学べるのが城南短大の魅力だと思います。図書館に掲示するポスターの作成など、楽しい授業もたくさんあります!

卒業生インタビュー

お客さまと対話して、ピッタリの一着を。内面を育んでくれた城南の先生に感謝。

宮本 愛さん
株式会社AOKI / ORIHICA事業部 勤務

Q. 仕事の「やりがい」について教えてください。
A. キャリアアップできる環境で、自分の成長が実感できます。
お客さまとお話をして、商品の良さやその方に合った最適なスーツをご案内するのが私の仕事です。若手でもさまざまな経験ができる社風で、入社2年目で店舗運営責任者になれるよう頑張っています。お客さまアンケートで嬉しいお言葉をいただいたときや、お客さまが再来店されたときに、とてもやりがいを感じます。

Q. 城南短大で学んでよかったと思うことは?
A. 先生との会話で前向きになり、人として成長できたこと。
「やりがいは自分で見つけなければ出会えない」。入学したときには夢も目標もなく、やる気の出なかった私ですが、先生方は対話や授業を通じて、仕事をすることの意味とやりがい、単なる好きと一生の仕事との違いを、自分のチカラで見つけさせてくれました。

城南短大で身につけた「聞く・伝えるチカラ」が接客のとき、とても役立っています。

小山 世衣那さん
日本郵便株式会社 東大阪加納郵便局 勤務

Q. 仕事の内容について教えてください。
A. 郵便・貯金・保険。日本郵政グループの3事業に対応。
郵便局の窓口で、内容の異なる3つの業務に携わっています。それぞれ専門的な勉強が必要ですし、制度などの変化に対応していくのは大変ですが、お客さまのご要望にあわせてご説明・ご提案ができるように、城南で磨いた会話の技術を実践しています。

Q. 就職後に役立つ!と実感する学びはありますか?
A. 自分の気持ちを伝える「プレゼン」の授業です。
みんなの前で何度も繰り返し発表するプレゼンの授業では、自分でも上達を実感で きました。今では、自分を自由に表現することが楽しいです。人前で話すことにもあま り緊張しなくなり、お客さまとも自然にお話ができています。

関連ページリンク

ライフザインコース コースの特色
ライフデザインコース 就職・資格
ライフデザインコースTOPページへ戻る
現代生活学科TOPページへ戻る

Copyright © Gakko Hojin JONAN Gakuen.
All Rights Reserved.